天宮光啓 護摩祈祷

● 護摩

 

■ 護摩とは

 

 

護摩とは、衆生(人々)の願いごとを成就させるために火をもちいておこなわれる修法(しゅうほう)のことです。

 

サンスクリットの「ホーマ」 (होमः homaḥ:ヴェーダの火の儀式)に由来します。炎の中へ供物を投じ、本尊を供養し、神仏の加護を願い、所願成就・心願成就などのお願いごとを一心に祈ります。

 

※ ヴェーダとは、古代インドのバラモン教の根本聖典

 

不動明王や愛染明王、または天部などを本尊とし、護摩木や薬種、さまざまな供物をささげ、霊障や悪魔、怨敵を退散させすべての災難を除き、無病息災、現世安穏、吉祥招福などを願います。

 

また、私たちの苦しみの元凶である三毒(貪・瞋・癡)という煩悩を焼尽します。

 

護摩の起源は古く、数千年前の古代インドまでさかのぼります。人々は、願いごとを叶えるために燃えさかる炎の中へ供物を投じ、「現世利益」(げんせりやく)をお祈りしました。

 

火の神(アグニ(अग्निः [agniḥ])によって人々の善行が天上へと伝えられ、その功徳が天から恩恵となってやがて人々のもとへと返されると信じられいたからです。

 

現在でも同様に、諸神仏を帰依し、「供養」することによって、その恩恵にあずかろうとする儀式はさまざまな宗教で見かけます。特に、密教(秘密仏教)では護摩による「加持祈祷」(かじきとう)にて私たちのいろいろなお願いごとを実現化させていきます。

 

 

● 現世利益(げんぜりやく)

 

現在この世で受ける神仏の恵み。この恵みを受けるために祈るのを現世祈祷という。例えば、お経や真言、陀羅尼をお唱えしたりすること、密教では種々の修法をすること。

 

 

● 加持祈祷(護摩)

 

■ 加持祈祷とは

 

 

加持祈祷の「加持」とは、サンスクリット語の「adhisthana」(アディシュターナ)の訳で病気や災難などを払うめに印を結び、 真言を唱え、 諸神仏を念じ(観相)、加護を衆生に与えることをいいます。これこそ、仏の大悲の力と衆生の信心が合わさることで諸仏菩薩の摩訶不思議な力が現れる神変加持(じんべんかじ)とされるものです。

 

一方、「祈祷」とは呪文を唱えて神仏に祈ることです。神仏の加護を求める行法(密教の修法)を修し、病気平癒や除災招福などの現世利益(げんぜりやく)を祈ることです。

 

真言密教では、護摩を焚き、手に仏の印契を結び(身密)、お経や陀羅尼、真言(マントラ)を口唱し(口密)、仏の心を重ね合わせ(意密)、加持(諸神仏の加護)を祈ります。僧侶は厳しい修行や苦行によって会得した法力や神通力によって神仏を一心に念じます。真言行者は、衆生と諸神仏との中間に位置し、衆生の諸々の願い事を具現化(成就)させるために入我我入します。

 

 

■ 護摩による功力

 

 

護摩修法による功力、「現世利益」(げんせりやく)にはいろいろなものがあります。

 

 

(現世利益) 一例

 

● 病気回復 病気平癒 健康祈願 無病息災 厄除開運 延命長寿

 

● 家内安全 夫婦円満 縁むすび 安産祈願 子授祈願 厄除祈願

 

● 祖霊鎮魂 先祖供養 土地守護 旅行安全 交通安全 海上安全 

 

● 事業成功 商売繁盛 就職成就 受験合格 学業成就 開運祈願など

 

 

● お問い合わせ

 

 

 

護摩祈祷に関するご質問やお問い合わせなど

 

「メールフォーム」か、もしくは「LINE」からご連絡ください。

 

なお、不適切な内容のメールにはご返信しかねますので、予めご了承ください。

 

● ご注意

 

 当方や当会に対する悪質な嫌がらせ・中傷、迷惑行為などはおやめください。

 

 発見次第、すぐに関係機関へ通報いたします。

 

 皆さんが安心してお越しいただけるようにこれからも万全を期します。

 

 あらかじめご理解・ご了承ください。

 

● 天宮光啓 インスタグラム

View this post on Instagram

漆黒の闇を照らす智慧と慈悲の光がここにある。 紅蓮(ぐれん)の炎が我々人の心の迷いを貪・瞋・癡(とん・じん・ち)の三毒を、苦しみの元凶、煩悩をすべて焼き尽くしてくれる。 獣が貪(むさぼ)り喰らうかのように欲深く、 他人ばかりを批判、非難し、なおも収まることのないその怒りはどこからきているのか。 願いが叶わないから、祈りが届かないから、その姿や形が見えぬからといって神や仏は本当に存在していないのだろうか。 人の心は脆い、しかし、人の心は強くなれる。 一心に念じ、一心に奉り、一心に信じ抜いてみること。 荒ぶる炎が、やさしく、そして力強く、慈悲と智慧の炎へと変わる刹那がある。 炎の中に仏様がいるのか、それとも我々の心の中に仏様が現われるのか。 我々を苦しめているものは一体何か。 神や仏はどこに。 地獄・極楽はどこにある。 合掌 皆さん、おはようございます。 連日、すっきりとしないお天気が続いておりますね。 ところで、仏教では私達の苦しみの元凶となっているもの、または克服すべき最も根本的な三つの煩悩のことを、貪・瞋・癡(とん・じん・ち)の三毒(さんどく)として説いております。 ストレス発散と称しては、暴飲暴食を繰り返し、イライラモヤモヤを他人に八つ当たり、それではやがて心身共に疲弊し病に臥すことにも… そうならないためにも心を静かにできる自分だけの時間を日々の暮らしの中で大切にしたいものですね。 目を閉じて、ゆっくりと心静かに深呼吸… 今週末、東京にて瞑想会・法話会です。 それでは、どうぞ宜しくお願い致します。 ※ この度の九州北部を襲った豪雨により被災された皆さま、お亡くなりになられた方、ご遺族の皆さま方にお見舞いとお悔みを申し上げます。 今もなお災害現場でご尽力なさっておられるすべての関係者の皆さまに感謝するとともに、一刻も早い復旧による平穏な日々がおとずれますことを心よりお祈り申し上げます。合掌 #仏教#仏道#三毒#瞑想#瞑想会#法話#法話会#密蔵院#福岡#九州#護摩#祈祷#加持#智慧#慈悲#不動明王

天宮光啓さん(@koukei_amamiya)がシェアした投稿 -

天宮光啓

 
ホーム ブログ やさしい瞑想法 悩み相談 お問い合わせ